1年で2回の癌手術(胃癌 膵臓癌)

2016年4月胃癌 10月急性腎不全 11月膵臓癌になりました。(昭和33年生まれ)

いい日旅立ち

退院から1週間を過ぎた頃から37.5~38.3くらいの熱が出ては下がりを繰り返し、食欲が落ちました。
10日目には水分補給がつらくなり、訪問診療医によって1日だけ点滴。次の日から頑張って経口補水液を飲みましたが、食欲は戻らず。1口、2口食べると「ちょっと休憩」と言って横になっていました。食事を残すことが嫌いだったんです。なんでもよく食べる人でした。そして考えが煮詰まった時にも言っていた口癖でした。
オキシコンチンの量は退院後から朝、晩とも10に減量となっていました。
13日目からレスキューのオプソを明け方に1回服用。そして16日目の朝の薬を服用後30分ほど、急に横を向いて苦しそうにしていたので、往診依頼の電話をして戻ったところ、いつものように仰向けに静かに眠っていました。
これが最後でした。肝臓に転移していたようですが、黄疸なし。腹水なしでした。


もう長くはないけど、まだ先、まだ先、と思っていたような気がします。3日前に来た孫達には「頑張から」と言っていました。
きっと、「いたたたた、ちょっと休憩、ちょっと休憩」と思ったのではないかと。


葬儀は無宗教葬で読経のかわりにシンセサイザーの演奏で。
「見上げてごらん夜の星を」「時を越えて」そして、かつて同僚の結婚式で披露するためにトランペットの練習をしていた「いい日旅立ち」を献奏曲にしました。


記念日などに無頓着の妻ですが、誕生日と命日が同じなら忘れようもありません。





トモセラピーは保険適用ですよ

こんにちは。
トモセラピーは保険適用ですよ。
主治医に紹介状と画像データ等を作成してもらい、家族が放射線科の医師のところに持っていけば、本人が行かなくても、治療可能かどうか診断してもらえます。
初診プラス画像診断で2,200円(3割負担)でした。
その後、CT、MRI検査で合計約15,000円。
放射線初回は管理料がプラスされるので3万円、その後は1回の照射につき1万円です。
33回照射予定でしたが、途中10回目で抗がん剤の中止に伴って、主治医の判断でこちらも中止となりました。
照射はこれといった痛みはありませんでした。ピンポイントで照射し、他の組織を壊すことないようで、これといった副作用はありませんでした。ただ、平日、毎日、連続で通うのは大変でしたが。
治療のおかげか、痛み止めのオプソ内服液を飲むことはなくなりました。
FOLFIRINOXを開始する段階で、主治医に放射線について質問をして初めて紹介されたので、もっと早い段階で始めていれば、と今更ですが後悔しています。
将来はAIが医療でも活躍してくれて、患者があれこれ悩むより前に、医者の思い込みや見落としなく、患者ごとに最適な治療法を提案してくれると良いと思います。。





訪問看護、リハビリ

昨日、看護師さんより提案があり、理学療法士さんに来てもらいました。8月より寝ていることが多かったので、だいぶ筋肉量が減ってしまいました。今ある筋肉を上手に使って生活する、無理のない体操をする、なるべく座っている時間を増やす、ということでした。いろいろな人が手をかけてくれる、提案してくれる、そういうことが落ち込みそうな気持を前向きにしてくれます。本当にありがたいです。
早速、昨夜はベッドに座ってiPadでビデオを見ていました。
今のところ、痛みなし。時々微熱。血圧低め。食欲ありです。